河野塾 指導方針


「学ぶ順番」にこだわった英語学習指導~発音から学んだ英語は一生モノ

「グローバル時代」と言われるなか、英語力の必要性は誰もが感じていることでしょう。それも「使える英語」への要請から、従来の訳読中心の英語授業が批判されてすでに久しくなっています。

 

しかし、学校教育の現場ではいまだに訳読中心のところも多く旧態依然の感がある一方、小学校での英語授業実施、高校における英語での授業、大学入試にはTOEFLの導入がささやかれるなど、教育行政が極端から極端へ振れるなかで、大切なものが見逃されています。

 

その大切なものとは、「こうすれば語学は伸びる」という理論に基づく、「まっとうな順序」に配慮した授業です。どんな物事でも、上達するには「まずこれをやって、次にこれをやって」という順番が大切なはずですが、日本の一般的な英語教育では「この時期にこれをやるべき」という概念がスッポリ抜けているのです。


河野塾が提唱する英語学習順

 

例を挙げれば、中学高校で発音をしっかり教えない場合が大変多いのですが、本気で語学を身につけようと思うなら「発音」を軽視することはあり得ません。また最近は文法も軽視されることが多くなっているようですが、年齢が長じてから語学を身につける場合には、文法の学習は欠かせません。このような基礎知識もないままに、中途半端に英語を使う環境に放り込まれる学生には同情を禁じ得ません。

 

発音や文法をやるにしても、「授業で扱った」ということと「生徒の身についた」ということの間には千尋の谷の開きがあります。発音なら発音、文法なら文法で「これを理解するには、その前にこれを知っておく必要がある」という計算をもって、必要なことをひとつひとつ消化していかなければ身につかないのです。

 

河野塾では、「将来に渡って使える英語」という大きな目標から逆算し、「学ぶ順番」にこだわって、着実に知識を身につけていくことを重視します。決して一朝一夕に英語力が伸びるわけではありませんが、段階を踏んで着実に進歩していくことで、気づけば遥かなる高みに登っている、という英語学習を提供しています。

 

英語の成績が伸び悩んでいる高校生であれ、英語をやり直したい社会人であれ、語学を伸ばすために必要な事柄はそれほど変わるものではありません。「力をつけるために、やるべきことをやる」というシンプルな理念で、河野塾は授業を展開していきます。この理念に賛同し、着実に力をつけることを望まれる方の、授業へのご参加をお待ちしています。